歯を失ってからそのまま放置しておくと、歯と歯との隙間が広がり噛む力が衰えたり、歯垢が溜まってむし歯になりやすい状態になります。この他にも歯を失ったままにしておくと下記のような弊害が起こります。

江戸川橋 歯医者

失った部分の周りの歯が動くことにより、かみ合わせにズレが生じてきます。
多くの本数を失った場合には、うまく物が噛めないので、もう片方の歯を中心に噛んでしまい(片噛み)、全体のかみ合わせのバランスが崩れます。

このかみ合わせのズレは、顎関節症、肩こりや頭痛、身体のゆがみなどを引き起こす原因にもなります。
江戸川橋 歯医者

失った歯の部分の両隣の歯(隣在歯)が、歯が無い向きに次第に傾いてきます。この状態を長期間放置していると、歯列全体に狂いが生じてきます。

江戸川橋 歯医者

奥歯の欠損は、頬や顎のラインが内側に寄り、時間が経つと歯ぐきが痩せてくるので、さらに頬がこけて見えたり顎がたるんで見えたりしてきます。前歯の場合は口元にシワが寄りやすくなってきますので、顔の見た目も変わってきます。

江戸川橋 歯医者

歯を失うと、骨の量が少なくなるため、周りの歯が長くなったように見えます。

この理由は、歯を支えている骨は、かむ時の圧力がかからないと痩せていってしまうというのが原因で起こります。また、このように歯ぐきが下がる現象は、歯周病の進行や長期的に合わない入れ歯を使用することでも起こってきます。

歯を失った時の歯科治療としては、

 

インプラント治療

隣在歯を削ったり負担をかける必要もなく、健康な隣在歯を守るためにも今一番BESTな治療法です。

 

ブリッジ(補綴・被せものによる治療)

隣在歯を削って治療しなければならない。また、削った隣在歯が軸として支えるので、この軸になっている歯がダメになったら大きな欠損になってしまい、治療期間・費用・身体への負担なども大きくなってしまいます。

 

入れ歯(部分入れ歯)

入れ歯と聞いて抵抗がある人も多く、発音の問題、知り合いと旅行などに行った場合のケアなど、さまざまな問題があったり、部分入れ歯の場合はひっかける周りの歯に負担もかかります。

 

治療費用だけで治療法を選択するのではなく、「患者様のお口の状態に適した治療法」、「将来のことを考えた治療法」から選択することが、長期的な健康につながっていきます。